ISOマニュアルを導入する

モノ規格をはじめとしていろいろなものにISO規定は存在しますが。業務内容にもよりますが組織や企業の運用にかかわるものとしては、品質マネジメント(ISO9001)や環境マネジメント(ISO14001)があげられます。実際に審査を通じてISOマニュアルを導入することで、国際規定のもとマニュアルを運用して業務に活用できることができます。審査に通る過程でどのようなマニュアルを提出できたかで、以降の運用に大きく影響します。実際にISOマニュアルを導入した企業の体験談やQ&Aを見てみましょう。

ISO導入で失敗した企業と成功した企業

余計な業務が増えて大変

取引先との交渉の際にISO9001の取得を促されたので、独学で手続きを調べて何とか審査もクリアできました。ですが運用に関してのノウハウがないので結局二重帳簿を作成していたりとむしろ業務が増えて大変になりました。

相談する相手を間違えた

ISOの審査に通るにはこれくらいしないと…といろいろアドバイスをもらって指示通り、マニュアルの文量を補充したりしました。しかしその結果それを運用するのに、業務が増えてしまったり専用の人員を配置したりで人件費はかさむしでいいことなしでした。

ISOマニュアルを導入してから仕事の依頼が増えた

導入する前はISOの基礎知識も分からずに、てんやわんやでしたが評判のコンサルトにアドバイスをもらいながらなんとか審査をクリアすることができました。それからは今まで、声がかからなかったお客様からも興味を持っていただいて、ビジネスチャンスに恵まれるようになりました。

社内業務がスムーズになった

ISO取得を目標に全体的に社内会議での発言も積極的になり、コミュニケーションがよく取られるようになりました。各業務処理もスムーズにできるようになって、結果的に業務成績がアップしたのでISO導入に満足しています。

[PR]

ISO9001の情報
薄い資料ですぐに取得できちゃう!

ISOに関する率直な疑問

IT

ISOとはそもそも何?

国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称をISOといいます。この機関は国際的に通用する規格を定めることが主な活動内容です。世界中で行われる取引を円滑にするために同じ品質・水準のものを提供できるようにするということが目的なのです。

こんなものがISO

ISOといってもいろいろ規格があります。その中の一例として、ISOの対象となっているものを上げるなら非常口のマーク、カードのサイズ、ネジといった製品を対象としたモノ規格がわかりやすいかと思います。実は製品そのものだけではなく会社・組織のマニュアルにもISO規格が制定されています。それらを総称してマネジメントシステム規格と呼んでいて、その中に品質マネジメントシステムや環境マネジメントシステムなどの細かい分類がされています。

ISO認証を検討している企業の疑問

ISO認証を取得するとどんなメリットがあるのか

ISO認証とは国際標準化機構(ISO)など利害関係のない第三者の機関が、審査して認証を得ることに利点があります。その企業が国際規定に基づいた業務を行っている、と証明されることで社会的信頼を得ることになり、業務依頼や企業間の取引などで有利に働く見込みがあります。

ISO認証されるにはどうしたらいいのか

ISO9001をはじめとしたマネジメントシステムの認証を得るには、いくつかの要求事項をクリアする必要があります。ISO認証機関がこの要求事項の水準を満たしているかを判別しています。そこで認証証明書を発行してもらえることでISO認証が取得できたことになります。

ISO運用代行を利用するメリットはありますか

もちろん自社で認証取得やマニュアル運用まで管理できることが一番です。しかしISO認証制度が普及している反面、ISO9001のモデル規格についての基礎知識が不足している経営者は少なくありません。そこで審査から運用までISOマニュアル関連のノウハウに精通しているコンサルタントに一括して委託することができます。代行コンサルタントを利用することはISO関連以外の業務に専念できる、というメリットがあります。